20200324

九州ツアーについて


とても楽しみに準備を進めていた3月の九州ツアー、
私の急な体調不良により3公演とも辞退させていただきました。
このような展開になり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
音楽を楽しみに待っていてくださった方々、
熊本Navaro ジュン君、UTERO 吉田さん、MARCUS 村上さん、
共演予定だった、Nahuelito、あんしんぱい、sunday calm sunset、SACOYAN、Pink Flemings、江藤佑樹、左手、hof、rococo、The old-fashionsのみなさまに、心からのお詫びを、そして受け止めてくださった感謝を申し上げます。




思ったより長引いてしまった胃腸炎もおかげさまで快方へむかっています。3/17の演奏に使う予定でNavaroに送っていた機材が、私の代わりに九州を経て戻ってきました。次はこの機材と再び九州へ行けるよう、新しい日程について調整を進めていきます。どうか、リベンジさせてください!!
音楽の鳴る場所で、また近いうちにお会いできますように。



Masami Takashima







20200306

3月のこと





去年からこつこつと進めてきたことのひとつとして、
今年はいくつかリリースを予定しています。

3月15日、Masami Takashima名義で、新曲を配信リリースします。
医療、科学、伝統工芸、芸術等、精神と技術を研ぎ澄まし、開拓を続けている(行ってきた)人々へのリスペクトを綴った曲です。
まずは、SoundCloudにてトラックを公開しました。
配信先の情報が全て整ったらお知らせします。
いろんな場所で聞いていただけたら嬉しいです。

リリース詳細はこちら
https://twin-ships.com/?p=1030










そして今月予定しているツアーについて、各会場とも連絡を取っています。
刻々と状況が変わる日々が続いていますが、
来週、ライブについても情報発信したいと考えています。



どうか、みなさま良い週末をお過ごしください!



ライブの詳細はこちらへ
https://twin-ships.com/?p=993






時は進む




2月。
熊本Django以来、20年ぶりに見たナンバーガールはとてもとても最高だった。20年前、透明少女の巨大ポスターが天神ビブレのHMVに大きく貼ってあったことを思い出した。熊本パルコ、天神ビブレ(ビブレホール)と、10代、20代で足繁く通った商業施設が2月で再開発のために閉店となり、この20年の時間や場所をなんとなく思った。

暖冬と言われていたこの冬でも2月は冬らしい寒さがやってきて、ストーブの前で私は音楽を重ねて、いくつかの新しいものを作り編集した。雪とか雨とか晴れとか数分単位で天候がかわっていくとてもファンタジーなある日、可愛い二人に協力してもらって撮った新しい写真が仕上がり、可愛い二人から次々と生み出されるアイデアがとても新鮮で、楽しかった。

日が経つうちに世の中はどんどん不安な毎日になって、テレビを全く見ていない私の日常にも情報がどんどん入ってくるようになり、行き場もなく、救いようのないもやもやとしたものを抱えながらも、優しい日常を思う。近くでかくれんぼしてる子供達の声が聞こえる。


今年卒業を迎えられる学生のみなさま
ご卒業おめでとうございます