2019/01/23

1月








年明けからしばらく熊本へ行っていたのですが、
熊本での用事の合間に、ふと思い立って熊本城へ。
学校行事の多くは熊本城だったから、二の丸の木陰でお弁当食べたよなぁとふわっと思い出した。城内は見慣れない景色も続いていたけれど、この場所はとてもゆっくりしていたし、隣接する70年代建築の熊本県立美術館の木々と天井も美しかった。


クレーンと城。遠め。






そして自宅に戻り早々に、人生初のインフルエンザに。。。。今週は外出を控えるので、久しぶりに新譜などをiphoneではなくスピーカーで聴く。今日はAmaarae、James Blake、The Internet、Hiba Elgizouli、Sudan Archives、Young Galaxy、Charlotte Day Wilsonなどなど。来月23日のmiu mau東京公演でもご一緒させていただくkate sikoraさんの新作何度聴いても素晴らしいー。



年末にとても丁寧なメッセージをいただきました。
私が熊本にいる頃から音楽をずっと変わらず聴いてくださって、メッセージを毎年送ってくださって本当にありがとうございます。


みなさまにとって2019年が穏やかで楽しい日々でありますように。
おそくなっちゃったけど今年もよろしくお願いします。



---------------------------------------------------


miu mau 東京公演
2/23 (土)高円寺グリーンアップル







2018/12/30

秋の名残と年の瀬



秋の気持ちをなんとなく残したままの年の瀬。
熊本を行き来したりと移動も多かったし、少し時間が空いてしまったけれど、年明けのことをぼんやり考えながら、なんというか淡々と作業しています。来年がもう数日後に始まるだなんて私の気持ちは少し距離があるなあと思いながら、急に寒くなり、我慢ならずストーブを新調しようと向かったけれど、思うものとぴったりのものが見つからず、帰宅。なかなか暖まらない部屋でじんわり過ごしています。

11月の松山、12月の高松と、とても贅沢なイベントで、
みなさまのおかげで楽しく演奏することができて、
お世話になった方や見てくださった皆様に気持ちをたくさん伝えたい。
今年も、ミウマウ、マサミタカシマ、たくさんの場所で演奏させていただきありがとうございました。



少し振り返ると今年は自分でもびっくりするほど、色々と時間がかかった1年だったなと思う。いくつか制作に携わらせてもらったけれど、納得いくまで作業していたら仕上がるまでになかなかの時間を費やすことになり不勉強な点や、反省点は多数ありますが、その分良いもの作れたかなと思っています。


というわけで、以前ブログでも書いていましたが、
11月に配信をする予定となっていた夏の終わりシリーズの新曲は、
熟考し歌詞も歌も録りなおしまして、1ヶ月ものびのびになったけれど、今日からbandcampで配信することにしました。12月だけど秋を憶うトラックを。
今年の夏は暑かったよなぁと思い出してもらえたら嬉しいです。
歌謡曲のようなテイストの曲を作りたかったので、メロディーや歌詞もその感じを意識しました。事前に告知していたものの、おそくなっちゃったので3ヶ月間DLフリーとさせていただきます。ご興味ある方は是非この機会にDLしてください。
Bandcampの値段の横に0を入れるとDLできます。









夏の終わり、第一弾の「10月」も聴いていただきありがとうございます。







今年は、HonestAnnieの5月リリースの新EPにも声担当で1曲参加させていただいてとても光栄でした。NewWave、PostPunk好きの方にはとてもおすすめのかっこいいEPです。









来年は2月のミウマウの東京遠征からのスタートになると思います。
楽しみだ。ミウマウ録音したいなぁとぼんやりと思いながら二人に届けた新曲のデモの歌詞を少しずつ考えています。


個人名義でのライブは今のところ予定はないのですが、この秋に挑んだライブレコーディングの仕上がりを、次の夏頃にはお届けできるよう準備を進めながら。。。。。





来年の始まりに思いが駆け抜けますが
今年もたくさんの方に支えていただいた1年でした。
2018年ありがとうございました。
素晴らしき2019年でありますように。
良いお年をお迎えください。

















2018/10/26

ツアー後記



高松から始まり、東京、福岡、熊本と続いた秋のツアー、全て平日でしたが、お越し下さり、本当に本当にありがとうございました!数日滞在した熊本を出て、数時間だけ福岡で寄り道をして、鈴懸の和菓子となんばん往来を家族に買って帰宅しました。

私たちの演奏も日を追うごとに熟してきたという印象で、最終地ナバロでのライン録り(潤くんありがとう)を聞いて振り返ってみて、良いライブができたという充実感で終えることができてほっとしました。

各地でたくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました!!


Masami Takashima  + Mineo Kawasaki (cowbells)






Photo by 緑




ライブレコーディング・ワンマンでは、案の定どどど緊張だった高松、ココエ時代の新旧含めての14曲。岩谷くんの作る極上の音の中で演奏できて幸せでした。私による苦笑いな展開もあったけれど、それでもやりきった!という実感は大きかった。近々この中から良い形でお届けできるよう進めていきたいと思います。月曜日の遅い時間まで本当にありがとうございました!





photo by Nozomi Nobody


楽しみにしていた東京。音の響きの良い場所で、とても印象的な夜となりました。Nozomi Nobodyさんの新曲のエレキギターバージョンも聴けたし、Achikoさん、asuka andoさん + エマーソン北村さんのライブ素晴らしかったです。
終演後、Nozomi Nobodyさんがリリースのお祝いしてくれました。感動。
アチコさん、nozomiさん、お誕生日おめでとうございました。

人気の子供服デザイナーさんファミリーにもお会いできて嬉しかったのと、念願のバレアリック飲食店に行けたし、まほろ堂蒼月さんのどら焼き美味しかった。





福岡cafe and bar gigiの平日の夜はノンジャンル。みなさまの演奏楽しみました。同世代のミュージシャンと会えて楽しく、福岡を強く感じる夜でした。移転前のgigiの頃に何度かココエ名義で演奏させていただいたことがあり、移転後のgigiでも機会をいただいて嬉しかったです。ミウマウの2人も遊びに来てくれたのだけど、なんというか顔を見たらスーパー安心感ありました。集合できて嬉しい。ミウマウは来年早々にライブあるので、またお知らせします。





そして熊本へ。
熊本は音楽を始めた土地なので、演奏する時にはどうしても気持ちが2倍増しになってしまうのだけど、今回も本当に最高でした。フロアには学生さんも多くてお若い方々に見て頂けたのもとても嬉しかった。田尻さんのDJもすんばらしかった。私の出番前の転換時のロックステディはどなたの曲だったのか、ついついステージでも小躍りしてしまいました。


以前にも書いたかもしれないけれど、今回の主催のドイサイエンスの清田さんが書いているmellowsounds blogのかねてからのファンで、art blakeyに出演のバンドの分析がとても興味深く、熊本の音楽海原の広さをここで知ってました。主催のドイくん、清田さんの音楽への姿勢にいつも敬服しています。







coet cocoehから個人名義に改めて2年。
東京以外の場所に住みながら活動するというのは、利点もあれば時間がかかることも多い。私はずっと東京以外の場所で暮らしながら活動しているので、そういう意味では効率化は程遠いけれど、東京とは別のフロアで音楽を鳴らし続けるということ、今回も改めて考えることが多かったです。20代はライブが生活の全てのような日々だったけれど、30代は制限していた時期もあった。名義を改めてからのこの2年は色々最初からやり直しのことも多いのだけれど、ツアーという形として残せてよかったなと思っています。
峰央くん、全日程ありがとう。そして+cowbellsと続き、お疲れ様でした!












最後に、ライブでも各所で演奏しましたが、先日デジタルシングル「10月」の配信が始まりました。これまでの作品のほとんどの歌詞はフィクション・映画や本の中にありそうな内容のもので、自分の経験や感情を歌詞に載せることはなかったけれど、40を迎えるあたりからもう少し誰かの近くにある音楽を作りたいと思いがあり、今回は私自身の心情を少し寄せました。曲・トラックメイク・ミックスはいつものごとく私自身で行ったので、自分の声を聞き続けるという苦行のようなミックス作業でしたが、トラックもとても自信作です。
apple music、Spotifyをはじめ、itunes、bandcampではご購入いただけます。
ぜひ、聴いてみてください。












リリースの詳細はこちらです。
http://twin-ships.com/?p=726





--------------------------------



 miu mau / MASAMI TAKASHIMA


 ▶︎ライブ、音楽制作などのお問い合わせ
 http://twin-ships.com/?page_id=16


 ▶︎オンラインストア
 http://twin-ships.com/store/