2017/10/04

秋の月夜に




いい天気の今夜は十五夜。10月を迎えたばかりだけれどひんやりと夜風も冷たく、気分はもうすっかり年末感。ファンファーレも無事に終わり、久しぶりにライブもお休みの一ヶ月。去年の秋から今年にかけて、ミウマウとmasami takashimaのライブが良いペースで続き、移動も多かったし、個人的な事もぎゅうぎゅうに重なり濃密な日々だったけれど、日々反省と挑戦の繰り返しで駆け抜けました。また来年に向けて少しずつ整える1ヶ月。良き出会いに恵まれ、とてもありがたいことに9年ぶりにミウマウのアルバムをリリースさせていただいたし、力をかしてくださった方々のおかげでミウマウ女3人で多くの場所で演奏させていただいて本当に嬉しかった。最近はライブの余韻を感じながら、色んな世代の対バンの方と打ち上げで情報交換したりしながら教えてもらった音楽を、探して聴くのがもっぱらの楽しみ。
※ミウマウのツアー(ファンファーレ)についてはここに書いています。



少し前までクオリティーを求めながら、出来ないことも多いけれどやりたい事を表現する事が重要だったので、「聴いて欲しい」という気持ちがとても強かった。近年は心情が変化してきて「やりたいこと」だけじゃなく「誰か」のために音楽を作ったり、リクエストにリンクし応えながら制作を重ね、作品を作る面白さや喜びを得させてもらっている。それはありがたい事だと思っている。作品に関わってくださる方が多くなってきて、音楽を作るということに限らずちゃんと整えるというのはすごく重要になってきた。
「届けていくこと」が今の大きな課題のひとつ。当たり前の事だけれど伝えないと伝わらない。普段ぼーっとしているから説明もとても足りてないこと多々あるけれど、モットーは「熱いハートと冷たい脳」。
もっと柔らかく生きたいなぁ。
これは40代を迎える準備と人としての課題。









さて、未来へ向けて、先日、1曲ですがレコーディングしました。
cowbellsのmineo君。去年9月のmasami takashimaレコ発ワンマン以来、多くの場所でライブで一緒に演奏していただくようになって1年近く。多彩でとてもセンスの良いミュージシャン。私も教えていただく事ばかりで視野が広がりました。
mineoくんとの演奏スタイルでの録音もとてもいい感じに仕上がっています。今回もスペシャリストKC君に大変お世話になりました!!
記念撮影すればよかったと、後から思い返し、唯一撮っていたスタジオのモニター越しにボーカルブースで歌っているmineoさん。
帰宅前に、五味さんのkore karaにお邪魔して(めちゃくちゃ美味しかった) 思いがけずTHROAT RECORDS五味さんや、AYNIW TEPOのメンバーさんにも会えて嬉しかった。奈良に行くとちゃんと奈良の音楽が身近にあっていいなぁと思う。
スーパー苦手な運転をmineoくんに全面的に頼りまくってごめんなさい!!
お披露目はまだまだまだまだ先ですが、良いお知らせできるように整えていきたいと思います。













今年最後のライブはsolo set。
Nozomi Nobodyさんのリリース四国ツアー初日!Nozomiさんと再び共演できて嬉しい!


11/23 (木・祝)高松TOONICE

18:00 / 18:30
1500yen / 2000yen (+1DRINK ORDER)

・Nozomi Nobody
・cowbells
・matou.
・Intelesting Results
・Masami Takashima (solo set)






▶チケットのご予約フォーム
http://twin-ships.com/?page_id=447


▶ライブ、制作のご依頼、お問い合わせ先
http://twin-ships.com/?page_id=16

▶オンラインストア
http://twin-ships.com/store/





2017/09/19

EPリリースツアー終了しました!





miu mau「記憶とヒロイン」リリースツアー、
9/17の福岡「Fanfare〜記憶とヒロインリリースツアーファイナル」にて終了しました。



miu mauが結成当初から主催してきた「Fanfare」というイベント。今回のツアーのファイナルは11回目の「Fanfare」。そしてアルバムリリース後初のライブでした。
台風の影響は心配だったけれど、様々なミラクルが重なって本当に幸せな夜でした。ネネカートがそれはそれは素晴らしく、音の使い方も、引き算の魅力も全部詰まっていてリハから既に感動していたし、z/nzのライブは音楽を好きな人たちが作っているというのが伝わってくるというか、人間的な魅力もぎゅっと詰まってて格好よかった。DJ emiaixxxの縦横無尽なセンス溢れる選曲に大人たちがどんどん踊り出してもう色々楽しかった。

「色を纏う」という曲にちなんだfanfare仕様のgigiオリジナルカクテル「アンナ・カリーナ」が大人気だったし、みわこちゃんによるステージまわりのデコレーションも可愛かったー。
miu mauでは私も珍しく緊張したけれど、緊張したまま終わってしまうのが嫌だったので、2曲目くらいからとても集中して演奏できたと思います。

悪天候の中集まってくださったみなさま、z/nz、ネネカート、DJ emiaixxx、そして、会場のcafe and bar gigiのみなさま。
本当にありがとうございました。



去年の夏「記憶とヒロイン」を作り始めた頃まで遡って思い出しながら少し深呼吸しています。春から西日本を中心に、東京、高松、熊本、大分、広島、大阪、福岡と続いたけれど、そもそも、このツアー日程が決まり始めた頃に、とても良き出会いがあり思いがけずアルバム「Drawing」も発売する事になり、
なんだか駆け抜けました。。。。

記憶に残る最高のツアーだったし、反省と課題と、たくさんの勇気と、
住んでる街で音楽を続けることの意味みたいなものがより鮮明に感じられるようになりました。





各地で関わってくださったたくさんのみなさま、対バンのみなさま。
遊びにきてくださったみなさま。
みわこちゃん、ひろみちゃん。
音楽愛にあふれる最高の時間をありがとうございました。



EPのリリースツアーはファイナルを迎えたけれど、
9年ぶりのアルバムは発売したばかりです。
今度はアルバムを持っていつの日か行った事の無い場所や東日本にも行ってみたいな。
また近々どこかで逢えるのを楽しみにしています!











2017/07/20

Drawing Release




9年ぶりとなるmiu mauの新しいアルバム[Drawing]の発売が今日からスタートしました。
夕方、高松のタワーレコードさんへ立ち寄ると、ミウマウの新作が並んでいて、発売日を迎えることができ、なんだかほっとした。
お店の方にご挨拶をして、アイスを買って帰宅。珈琲でひっそりと乾杯。
新作を気にかけていただいた皆様、本当にありがとうございます。



今回のアルバムについて少し。
遡ると去年夏。ミウマウ強化週間を設けたっぷりスタジオでリハーサルしたのがちょうど1年前の7月だったと思います。少しの間活動をお休みしていた後だったこともあって、再始動にあたりこれまでのミウマウの雰囲気から表情を少し変えて曲を仕上げたかった。みわこちゃんのタイトなビート、ひろみちゃんのギターがぐわーと鳴る曲をと制作したのが「少ない記憶」そして「色を纏う」でした。歌詞では頭を悩ませたけれど、後日、岩谷君と奈良でレコーディングし仕上がった2曲。SLK SCREENのRemixも一緒に君島さんにマスタリングしていただき、今春リリースしたのが、新しいEP「記憶とヒロイン」です。

そしてこのEPをディレクターの神保さんが聴いてくださったことがきっかけでアルバムの発売が急遽決まりました。本当に思いがけない事だったけれど、EPのリリースツアーと並行しながら、すうっと流れるままにとても自然に今日まで進んできたと思います。バタバタしながらも楽しかった。changmangさんの素敵なイラストのジャケットもいい感じでとても気に入っています。


2011年にリリースした「未来のクラシック」〜  2017年の大人の小躍りがテーマで山中さんい録音していただいた新曲「見知らぬ場所で」。この数年の間に、デジタル配信や人生で初めてのアナログ盤7インチレコード等、様々なリリースがあったけれど、アルバムだけの、またシングルだけのバージョンも楽しんでいただきたくて、「Monochrome」は 英詩+日本語 → 全て日本語詞のアルバムバージョンとして収録しました。



改めて聴いてみると、とってもポップ。
反省と研究を積みながらも歳を重ねるっていい!
あ、これは、個人的な感想ですね。


色んな方のアイデアがこの作品の随所に散りばめられています。
このアルバムを通して日常のどこかに音楽で寄り添うことができたらとてもとても幸せです。



【追伸】
ばたばたと準備を進めたにも関わらず、快くあれこれ引き受けてくださった、エンジニアの岩谷さん、石橋さん、山中さん、maruokaさん、イラストを描いてくださったchangmangさん。お力添えに心から感謝申し上げます。