20131231

TOMORROW





2013年がもうすぐ終わろうとしています。
とってもさむい。さむい。
お元気でしたか?


DJ Nabeさんからのコメント、気付いてなかったくらい、
ひさあしぶりにブログを開いてしまいました。
何度か下書きを書いていたのだけど、
なかなか言葉が思うように続かなくて、
もやもやするので、大掃除張り切っちゃって全身筋肉痛。
身体は正直。


今年は近年珍しくライブが多かったのだけど
誰かのために演奏することの喜びを
強く感じた1年でした。



あしたはまたくる。
まっすぐな決意と、新しいきもちをもって、
こころまっすぐに生きていきたいとおもってます。


2013年ありがとう。
たくさんの感謝を。
またあした。



CC





















20131021

新しい遊び場


高松の新しい遊び場TOONICE。
TOONICEはレコードショップ。
奥にはイベントスペースがある。
オーナーのIKAWA氏はまっすぐな心意気のドラマーでもある。

遊びに行ったのは土曜日の夜。
CRYPTCITYのレコ発に、LOSTAGE, nim, OUTATBERO,迷走ループ。
高松ではなかなか見る事ができなかったこの感じがすごく良かったなー。
足下がコンバースだったことは正解だった。


この日は久しぶりにお会いした方がちらほら。
Twitterにも書いたんだけど、
最近10年振りくらいに以前何かでご一緒した方と会う機会が続いていて、
不思議な時のゆがみみたいなものを感じてる。
10年は早いようにも感じるけれど、
時計はちゃんと進んでいて、
誰かと会った時にどわーっと記憶みたいなものが蘇る。
それぞれに何かを携えながら、
時間の先にみえるものを思い続けるってすごいことだ。


この新しい遊び場、TOONICEでのライブは11月16日。
その前にWhiteRoomという美容室の移転オープンのお祝いで
ピアノをぽろろんと弾いてきます。
古い倉庫をリノベーションしたお披露目会ということもあって、
リノベーションとか建築とか、インテリアとか好きな方が集うのかなぁと
楽しみにしてるところ。
お祝いの気持ちを音に込めたいと思っています。



気がつくと、次のココエのライブまで毎週何かとライブ三昧。



20130908

古い映画と光と影


この数日どどどっと色んなことが進んでいます。
毎朝くしゃみと鼻水が止まらないことなんてあんまり気にしてないけど、
ゴミ箱にはくしゃくしゃのティッシュが漫画みたいに山になってる。
朝晩すっかりひんやりしてるから、みなさまもどうかお気をつけて。
残暑なんてまったくないね。



相変わらず古い映画ばかりみてるんだけど、
メキシコとかスペインの映画もよく見てます。
空から蛙が降ってくる映画も10年振りくらいに見たよ。
まだまだ映画熱続きそう。








60年代のチェコを舞台にしたミュージカル映画「プラハ!」チェコ映画、2001年。
監督は「ひなぎく」と同じ人なんだってー。
福岡に住んでる時に一度見たけれど、2回目!





音楽も映画も途方も無い数なので、
知れば知るほど「みたい欲」が生まれる。
現実の境目みたいなところに「映画」があるんだろうなぁ。
「寄り添ったり」「インプットされたり」
おすすめもの教えてください。
特に最近の邦画、いっちょん知らん。





CC


20130830

また、夏が終わる。



香川県に恵みの雨。
突然のだーっという雨。
干していたタオルケットを急いで取り込んだ。
ぎりぎりのタイミング間に合ったからちょっとラッキーな気分。


どばっと降った雨のあと、
急に涼しくなってきて、
UNITED NUDEのサンダルがそろそろ履けなくなってきたことを実感してる。
数年好んで着ていたショートパンツにもいい加減飽きてきたから、
この夏はあまり履いてない。
ゴダールの映画に出てくるアンナ・カリーナみたいに、
タイトなスカート履きたいなぁ。
そういえば、アンナ・カリーナってココ・シャネルが付けた名前なんだって。



先週から最新版のあれこれを勉強している。
PCソフトのバージョンアップになかなか追いつけないから、
こういう機会にしっかり学んでおかなくちゃ。
たまに真面目に勉強すると自分の「数学」的な要素のダメっぷりに笑えてしまう。
小学生の頃から算数、数学苦手だったなぁ。
でも、目から鱗な日々でちょっと新鮮。
そんな日々を送りながら、また、夏が終わる。

今年は毎日とても暑かったから、
急に涼しくなったような気がしてもそれでも気温は30度超えていたりする。
タブーな世の中はファンタジーみたい。
やらないといけないことが山積みだけど、
終わる夏のせいにするの悪くない。
また、夏が終わる。









先日TTJ、とても良かった。
DJさんたちの選曲もかっこ良かったけど、
Aoki Takamasaさんのライブがとても印象的。
必要最小限の音だけでシンプルだけど熱いトラック。
何がよかったかって、音作りが素晴らしかった。
「長時間聴ける音作り」だったこと。
爆音の中で20代を過ごしてきたけれど、
大きい音を聴くのが年々苦手になっている私。
時々、耳に痛い音域の高音や低音に耐えられず、
音楽がかっこよくても退出しちゃうことがあるんだけど、
高音と低音の巧妙なバランス。
とても勉強になったなぁ。


「リズムには隙間がある」

Aokiさんの名言!!!




CC




20130817

こぼれるような、メモのような、




部屋の中まで桃色に染めてしまうような空の色、
鮮やかなブルーの壁の色、
スピーカーからこぼれるビート、
まるで私に問いかけてるかのような「止まれ」と書かれた道路標識、
穏やかな瀬戸内海のサイケデリックな波のゆらぎ、
銀行の呼び出し音のディレイ感、
珈琲豆の匂い、
猫の視線、
ネオンの闇、
細いピンヒールでさっそうと歩く美しい人、
歪んで見えるアスファルト、
歩道橋の曲線美、
ぼんやりと歩いていると、
抜き打ちテストのような間合いに時々はっとするほどの瞬間。
この一瞬が私と他者、日常や社会とのをつながり、接点になる。



映画に例えるならば画面がシュシュっと切り替わるような、
小説に例えるならば目次を見ているような、
そんな感じ。


誰かのために、何かをしたいと思う事、
私のために、私がやりたいと思う事、
この夏はとても暑くて、
ぼんやりした景色に見えている。
思いやる気持ちって一方的だと意味がない。








飽きっぽい私は、Twitterもfbも見たり見なかったりと波が激しい。
けれど、読みたいブログは熱心にチェックしてます。
夫に教えてもらったFeedlyとても便利!
夏休みもそろそろ終わり。
来週は忙しくなりそう。




こぼれるような、
メモのような、






CC










20130805

夏が終わる


ココエ夏の2DAYSにお越し下さったみなさま、
ありがとうございました。

2夜連続でたいへん良き夜を過ごしました。
遊びにきてくださったみなさまに心から感謝いたします。
いただいた珈琲を淹れて、至福の時間を過ごしています。
私の夏はおわったー。



写真をまったく撮ってなかったんだけど、
FANTASYの模様はALIGHTのblogにアップしてありました。
http://blog.livedoor.jp/inori2006/archives/65758354.html




SPECIAL THX!!!!!!
Oka  & IKAWA


うまくアップできなかったのでふんわりしていますが、
一部だけ公開しています。









CC




20130731

SUMMER SUMMER SUMMER


暑中お見舞い申し上げます。

7月最終日。
いかがお凄しでしょうか?

音楽を浴びる機会に恵まれた7月でした。
先日瀬戸内雑音芸術祭で拝聴した山本精一さんのライブが特に印象強く残ってる。
これまで何度も山本さんのライブは体感してきたけれど、
今まで見た中でもとびきり強烈なライブだった。
先輩方のすごいライブを目の当たりにして、
背筋が伸びました。


6時過ぎには目覚める生活をしているけれど、
新生活が始められるように準備をしているので、
いろいろと日中は駆け回っています。
おかげでほんのり日焼け。この夏は夏バテ知らずです。
「暑い」のが心地よいだなんて、新境地と言えるかもしれない。



去年はきゅうりばかり食べてたけど、今年はトマトばかり食べてます。
天気予報によると連日36度超え。亜熱帯化してる高松ですが、
夏野菜で体を冷やして、辛いもので体の熱を逃がして、
夏を乗り越えましょうね。


週末のライブまでは大好きな珈琲を断って、
全力で臨みます。
よき夜になりますように。
TOONICE & ALIGHTデマッテマス



今日の1曲









♡♡


2013.8.3 (SAT)
at TOONICE  (高松市亀井町8-8 森崎ビル B1F)
EXTRUDERS
trespass
COET COCOEH
迷走ループ
廻る眩暈
SPIRAL CALM
OPEN 18:00 / START18:30
ADV 1500yen / DOOR 2000yen (+1DRINK ORDER)






ココエプレゼンツ FANTASY
COET COCOEH
1部19:00〜
2部20:00〜

2013.8.4 (SUN)
OPEN 18:30  START 19:00
TICKET ¥1,000
ALIGHT http://blog.livedoor.jp/inori2006/
DJ:Oka, Pero


両日チケットのご予約もお気軽にどうぞ。
http://www.girlfriendrecord.com/mailform.html
メールはこちら



CC



20130723

今夜は満月



ここ最近のマストアイテム。
色々勉強しています。
30代半ばになっても何かを始めたり、「新しい」と思える感覚に出会えるって
ありがたいことだなぁと思う。
夏の太陽のおかげでいつもよりも1時間半早く起きているので、
朝イチで1本映画を見るという日課をプラスしました。
青春映画は好きだけど、ラブコメとホラーはやっぱり好きになれない。
あと1時間早く起きれたらさいこーなんだけどな。




どこかで躊躇してるなんていやだ。
何かに影響されずに生きるのはとても難しい。
でも、そんなことがあってもいいかなって思えるようになった。




ライブも近いので、今日はこの曲を。
Italians Do It Betterレーベル主宰のmilk simonettiによるDub。
やっぱりピアノものに惹かれるとよね。





▶を押すと視聴できます。





今夜は満月。
昨夜、道すがらの夫から、「いますぐ月を見て」と電話があって
急いで見たけれど、タイミングとはうまくいかないもの。
石井ゆかりさんによると、今日の牡牛座は「完成、達成」



M
















20130717

TRAIN TRAIN




香川県の入り口でもある高松駅と高松港はすぐ隣同士にあるので、
駅を降りると時々風に乗って海の香りがする。
先日、とある撮影で高松ー児島を往復することがあって、
マリンライナーという瀬戸大橋を走る列車に乗車する前に暮れる海を見ていた。
瀬戸内海はいつみても美しい。
見上げた空にはとある形をした大きな雲。
願掛けのようなものだったけれど、
背中を押してもらっているかのようだった。
どんな形をした雲だったのかは内緒。




海といえば、
海の日に行われたREGGAE_not_REGGAE NIGHTというPARTYで
EMOTOさんが最後にかけてた曲と、
ZERO BUNCHさんがかけてたこの曲がとても印象に残ってる。







以前も少し触れたけど、
レゲエとかダブとかラバーズとか人生でほとんど触れてこなかったのだけど、
ものすごく音楽が好きな(詳しい)人が集まっいて、
とても勉強になるイベントでした。
所用で最後まで居れなかったので残念。



「最近、何聴いてますか?」
よく聞かれるので、今聴いてる曲などをブログに載せようかなと思ってます。





M












20130715

ニューニュー


7月はイベントがめちゃくちゃ多い。
この3連休でも日本の至る所で気になる音が鳴ってる。
夏本番。

瀬戸内国際芸術祭の夏会期が19日に迫っているなか、
丸亀城のふもと、猪熊源一郎美術館にて
大竹伸朗展「ニューニュー」に行ってきた。
香川に住む人の中には「島」に渡った事が無い人もとても多いけれど、
九州に帰ると、瀬戸芸の人気っぷりを目の当たりにしてほんとうに驚きます。
会期はまだ始まったばかり。
高松市美術館でも大竹伸朗展が17日から、女木島でも作品が見れるので
香川はただ今大竹さん祭り。

私も8月のライブにむけてずんずん進みます。











20130708


2013.7.3  岡山市、岡山城(烏城)城下町に
友人夫妻がフランス地方料理とフランス酒を気軽に楽しめるお店をオープンしました。
TABLE HARADA(ターブル・ハラダ)というお店です。




岡山駅を降りて、東山方面の路面電車に乗って、
「城下(しろした)」という所で降りてすぐの交差点に面したところにあるので、
岡山の地理がまったく分からない私でもたどり着けるとても良い立地。


オープン初日からお邪魔したのだけど、
店内に入りきれないほどに立派なお花やお祝いが多数並べられてた。
愛されてるなぁ。



肝心のお料理の写真は撮り忘れちゃったけど、
花桜ハムのベーコンを使ったキッシュ、
美星町の豚を使ったシュークルート
お野菜も岡山県産のものばかりで、
愛を感じるお料理ばかり。
手づくりのスイーツも絶妙な甘さ加減で美味しかった。


お酒の種類も豊富で、ワインはすべてフランスのもの。
セレクトにも独特のこだわりを感じる。
TABLE HARADAオリジナルブレンドの珈琲も美味しい。


容姿も意思も侍のようにまっすぐな原田くんと、
ひまわりみたいな存在感で「心地よさ」を提供してくれる奥さんのキミホちゃん。
早くも人気店の予感。



お2人に会いたくて足繁くこれから岡山に通うことになりそう。
ネクストステージに進み始めた
友人夫妻の強い眼差しに、
とても心打たれた日々でした。


心より開店おめでとう!!!!!




TABLE HARADA (ターブル・ハラダ)
岡山県岡山市北区石関町5-3 1F
086-207-2355
定休日:月
http://www.facebook.com/pages/ターブルハラダ-Table-Harada/383349121784182

20130703

FANTASY!!!!!!!






FANTASY
COET COCOEH(LIVE SET)

2013.8.4 SUNDAY
START 19:00   TICKET ¥1,000
ALIGHT http://blog.livedoor.jp/inori2006/


久しぶりにFANTASYを開催します。
今回はインストアライブ。
ALIGHTの店内にてココエ単独ライブです。
1部、2部と分けてお届けしたいと思っています。


また追加情報などお知らせします。


















20130603

はじまり


怒濤の6月が始まった。
5月が想像以上に草の根をかき分けるような日々だったので、
6月は耐久レースになりそうな予感がしてきた。
ランナーズハイを体感できたらいいなと思ってる。


大好きな友人たちのおめでたい話が続々と続いてる。
夢だった飲食店のオープンに向けて次のステップに進む夫妻のたくましい眼差しと、
猫好き夫妻の幸せな結婚パーティー。
とってもいい顔してたなー。


気持ちが強い人でありたい。
10代の頃から持ち続けている理想。
「強い」って色んな意味合いがあるけれど、
その意味合いも少しずつ変わってきたような気がする。
まだまだ「強くなれない」私だけど、
そろそろネクストステージに進みたいなと思ってます。



挙式を行ったばかりの猫好きDJ夫妻にお祝いで3曲+ プレゼントしました。
タイトルは「猫好きに捧げる組曲」
ねことの暮らし、猫の夢、猫の遊び、BPMを75に設定した曲などをテーマに4曲。
これまで結婚のお祝いで曲をプレゼントしたことは何度もあるんだけど、
渡す時に一番緊張したなぁ。







「私たちだけの物にしておくのはもったいない」
と、こう言ってくれたので、
ピアノと夢をテーマにした5曲入りepの中にも収録しています。

世界中のねこラバーズに捧げます。




はー、いよいよUTEROでミウマウちゃん。
そして、ココエ×室くんも迫っているので
どんどん突き進んでいきたと思います。





▼6/9(日) 福岡 UTERO
18:30/19:00 ¥2,000/2,500
miu mau
ドクロズ
and Young...
BoGGGeY no EleGant Joke
Hearsays



▼ 6/23(日)北九州 黒崎マーカス
¥1,600 / ¥2,000
COET COCOEH × 室 良太郎
博多ザブリスコ
ドルギーベイツ
 MAKAPILI




M





20130528

夢のあと



ALIGHT発 malicebirjii Ikaros Fashion Show終わりました。
5月中旬から、昨日の後片付けまで駆け抜けました。
とても濃密な時間も過ぎ、夢のあとのような気持ち。


malicebirjii IkarosのデザイナーOkaさんとの出会いは
4年ほどまえにBLENDdel'artのショーでご一緒したことがきっかけ。
当時はショーの前にCOET COCOEHのライブをさせていただいたのだけど、
今回は私のライブではなくショーとヘアーショーの音楽を担当しました。
ココエ流にアレンジした曲やショーのために制作した曲を
モデルさんの動きにあわせて30分のピアノ演奏、
ヘアーショーではイカロスのお洋服とヘアアレンジのイメージを重ね、
トラック(曲)も制作しました。


Okaさんはじめ片岡さん、岩中さん、Azuさん、Rakkaさん、
そして、全てのみなさまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ショーの模様はALIGHTのblogで随時更新されるそうです。
http://blog.livedoor.jp/inori2006/



と、いうわけで、
せっかくなので、当日のオフショット写真を少し。


バックヤードでヘアメイクの順番を待ってる17人のモデルさんたちの楽しそうな声。
女子校時代を思い出しちゃった。
ひとまわり以上年下のかわいこちゃんばかり。
miu mauとCOET COCOEHのCDを全部amazonで買って
聴いてしかも持ってきてくれてたモデルさんがいて、
とっても感激!!!!
ほんとうに嬉しかった。








今回のHair&Make 担当のWhite RoomのJunさん、Azuさん。
17人分のモデルさんの髪とメイクを作り上げたのはこのお2人。
ヘアーショーの時の黒いドレスの編み込みアレンジ+メイクが個人的にドつぼでした。



WhiteRoomさんの髪にさらに彩りを添えていたのはRakkaのヘアーアクセサリー。
全て一点もの。
当日、私のためにその場で作ってくれたヘアアクセサリー。






malicebirjii Ikarosのお洋服を着て(自前)WhiteRoomのJunさんのヘアアレンジに、
Rakkaさんのヘアアクセサリーという
みなさまへ敬意を込めたショー仕様のあたし。





会場となったUTSUMIorientalの家具に囲まれて、
http://kataokabussan.com
久しぶりにこの緑の子を使いました。






ちなみに、今回のチケットフード+ドリンク付きで1500円という嬉しい価格だったんだけど、
フードもめちゃくちゃ美味しかった。







せっかくなので、ショーの余韻を思い出して家でも聴いていただけるように、
ショーのために制作した曲や、
ちょっと特別な思いのある曲など(この曲に関してはまた後日)
ピアノと夢をテーマにした5曲入りep作りました。








九州四国は梅雨入りしたようで、
どんより空が広がっています。
強い風が時折吹いて、でも雨はまだ。
今日みたいな日にこのepはきっととけ込むだろうと思います。




epの中に入ってるヘアーショー用に制作したこの曲をSoundCloudにあげてます。
ライブ会場でぜひ手にとってみてください。











なんだか盛りだくさんすぎて、
ぜんぜんまとまってない内容になっちゃったけれど、
物販でも不動の人気だったmiu mauは6/9 にユーテロ!
そして、6/23はココエ×室くんでマーカス!!!


色んな場所でみなさまと逢えるのを楽しみにしてます。






CC








20130514

ねぎのスープと美しいことば



先日、香川の映画館ソレイユにて辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画
「天のしずく」を見てきた。
以前ブログでも書いたけれど、まさか香川で上映されるなんて思ってなかったので、
ソレイユさんにほんとうに感謝。






辰巳芳子さん
http://www.tatsumiyoshiko.com


時間があったら必ず見てるNHKのきょうの料理で初めて知ったのだけど、
80歳を過ぎてもなお現役の料理家。
きょうの料理って料理家の言葉や所作に大きく左右される番組だと思うけれど、
辰巳さんが発する美しい日本語についつい導かれてしまった。
お料理もそうだけど、辰巳さんが手にする言葉にいまとても惹かれる。









ミーハー感満載で、野田琺瑯のこのお鍋欲しい。
色もかわいい。
http://www.tatsumiyoshiko.com/?page_id=291




ありがたいことに、ここ最近は義父母が育てているプチ家庭農園の無農薬のお野菜を
定期的にいただいて食卓で食してる。
花が好きな義母は私の好きな花を覚えてくれていて、よく持たせてくれる。
今、部屋中に芍薬が咲き乱れている。
旬ないちごがすずなりなのでお腹いっぱい食べる事ができる幸せ。
今の世の中の一番の贅沢だなぁとつくづく感じてる。




太陽の慈しみを感じながら、
とれたていちごとシナモンバナナトースト。
大好きな珈琲と共に。











20130513

音楽の旅



相変わらずSoundCloudで音楽の旅を続けています。
偏ってしまうのも旅の魅力。
最近USからのアクセスがとても多いみたい。
何があったんだろう?
普段、アクセス解析をあんまり気にしていないので、
動向がまったく見えていないけれど、
素直に嬉しい。


世界中の多くの人が嫉妬したであろうジェイムスブレイクの新譜もすごい良かった。
この数日でぐっときたのはこのふたつ。








このところ、とてもいい作品ができているので、
順次お知らせできそうです。
ライブー!作品ー!





お楽しみに。




miu mauとCOET COCOEHの楽曲を私の名前で公開しています。
https://soundcloud.com/masamitakashima/


miu mauのbandcampはこちらです!
http://miumaujapan.bandcamp.com





CC



20130510

5月、6月ライブ情報



昨日、ライブにてこの曲で号泣してしまった。
いろいろとオトナの視点でオトナの事情とか、
いろんなこと見えちゃうんだけど、
そういうのぶっ飛ばして自分でも驚くほどにぽろぽろと。
最近ほんとによく泣いちゃう。
そして、激しい耳鳴り。








同じ音楽でもまったく違う事やってる私ですが、
5月、6月とライブ情報です。
miu mauの福岡ライブと、
ライブ活動休止してたCOET COCOEHも久しぶりのライブやります。






5.26 (sun) malicebirjii Ikaros Fashion Show
at 高松 UTSUMIoriental by 片岡物産
¥1,500yen (のあ家ドリンク&お菓子付き)
※当日のショーの音楽をお手伝いいたします。
チケット残りわずかです。





 6.9 (sun)  miu mau
at 福岡UTERO
ドクロズ、and Young...、
BoGGGeY no EleGant Joke
※詳細は追っておしらせします。
4月に引き続き、6月もmiu mauライブやります。
大阪や京都からの楽しいみなさんとご一緒させていただきます。





6.23(sun)  COET COCOEH×室 良太郎
at 北九州 黒崎マーカス
MASTERPIECE_#124
前売¥1600 当日¥2000  ※料金変更になりました
COET COCOEH × 室 良太郎
博多ザ・ブリスコ/ ドルギーベイツ / MAKAPILI


ライブ活動お休みしてたので、ココエの九州でのライブは2年以上ぶり。
今回はゲストドラマーに室くん(SCHOOL GIRL'69, ドルギーベイツ)を迎えて2人編成でライブに臨みます。
新しい試みをやろうと思ってます。

マーカスの村上さんには10代の頃からお世話になっていて、
村上さんの顔を見るとなんだかほっとするんだなぁ。不思議。
よーやくマーカスライブが実現できて、村上さん、室くんにお返しができそうです。




▼チケットのご予約などはこちらへどうぞー!
http://www.girlfriendrecord.com/mailform.html





そうそう、マーカスといえば、
miu mauのみわこちゃんがテープエコーズで参加してる百々さんの新曲のMV。
マーカスのライブの模様が使われているみたいですよ。







20130505

新緑の5月



この1ヶ月ほど室内に籠もりっきりの日々が続いていたので、
天気のいい日は夏に向けて日光を浴びるトレーニング。
去年のように夏バテして日々を無駄にしたくない 笑


なんだか、気がつくとやること盛りだくさんになってきたので、
質をあげつつ効率よく。を目指して努力しております。


今の季節の緑の美しい事。
そして、とてもフォトジェニック。
人物を撮るのは下手だけど、風景を撮るのはすごく好き。
あんなに大好きだったインスタ見るということもちょっと飽きてきちゃった。
でも、撮るの楽しい。
カメラはiPhoneしか持ってないから、
そろそろ本気でひとつ欲しいと思っています。
まー、いつになるやら。




このとっても森な感じがお気に入り。
色んな木々の様々な緑が入り交じる。
まんのう池という空海が開いたとも言われている、日本最大の溜め池のほとりにて。











最近、ピアノばかり弾いてるので、
最後に、この曲を。


シンセサイザーで演奏されたドビュッシーの月の光










M




20130430

雨の最終日



豆乳とシナモンのみのフレンチトーストを朝食にするのがこの数日の気分です。
おはようございます。


4月最後の一日は雨。
先日、35歳の誕生日を迎えました。
今年は静かに過ごしたかったので、甥っ子姪っ子と手巻き寿司。
なんだか健康的な誕生日。


miu mauのふたりからもメッセージが届いて感激!!!!
メッセージでウルウルしてしまうくらい年々涙もろくなってる。


たまたま日付が変わる時にご一緒したみなさまからもお祝いの拍手をいただいたり、
友人や家族、そして毎年欠かさずメッセージをくださる方々、
ほんとうにありがとうございます。













しかし、4月生まれほんとうに多い。











20130426

休日と今と私。


魔女の宅急便、原作の実写化のため、
瀬戸内海のどこかの島で5月からロケが行われるらしいの。
広島なのか、愛媛なのか、香川なのか、
瀬戸内海も広いし、島も無数。でも気になってる。
ジブリ制作の魔女の宅急便、子供の頃はそんなに好きじゃなかったのに、
今見るとここでー?ってタイミングで泣いちゃう。
ジブリものはしっかり見てる私です。


瀬戸芸(瀬戸内国際芸術祭)が始まるまで存在を知らなかった沙弥島。
シーズン中は大混雑でフェリーで島に渡るにはちょっとよいしょがいるんだけど、
春シーズンのみの沙弥島の会期はもう終了しちゃったけど、
陸でつながってるから行ってみたくて足を運んだけれど、
ものすごい人だったらゆっくり見れなかった。
友達が瀬戸芸関連で怒濤の日々を送ってるんだけど、
大島には行きたい。
秋シーズン狙い。
興味ある方、アプリもあるらしいです。


福岡県立美術館のマリーアントワネット展にも行きたい!















この写真お気に入り。
なんだかんだで、毎日とっても充実しています。
神様が与えてくれたこの時間に感謝。
よい週末、GWを。










M

20130425

ライブ耳



香川に住むようになって、
10代後半から培ってきたライブへの意識が大きく変化している。
まず、「ライブを見る」本数が極端に減った。
香川県にはライブハウスの数が少数であること、
イベントの開催本数そのものがこれまで住んだ土地よりも少ないという理由も
少しはあるけれど、そんなことではなく、
生活への意識が変わったというのは大きい。
だからといって音楽が絶えているわけではなく、
ライブにつぎ込んできたお金はCDやレコード、DLで「買う」という行為に代わっているだけの話。
今まで敬遠していたジャンルのものも好んで聞くようになったし、
新しい世界に踏み込んでいたりする。
そして、私自身がトラックメイクやミックスダウンを手がけ始めたということもあって、
「音楽的な音」を求めるようになった。
先日久しぶりに広い場所でみたライブで気付いたことがあった。
今までの私はいかに「ライブ用の耳」になっていたのかというのをしみじみと感じた。
ずいぶん偏っていたのだなと。
もちろん、今でもライブは好き。
普段ライブに行かない(行くきっかけがない)けれど音楽を愛する人が聞く耳と、
ライブが大好きで音楽を愛する人、
発信者とリスナーの両方の視点をフラットに持ち続けるミュージシャンでいたいなぁ。



miu mauの先日のUteroでのライブにてご一緒したlon+pari-ceのチェコ担当牧畜ちゃんが、
iPhone2台持ちで録ったライブ動画を編集してくださいました!
記録用に誰かに録画を頼もうかなぁ、
とぽろっと口にした言葉を拾って、撮影、編集までしてくれた牧畜ちゃん、
ありがとう!!!!!!!!
しかし、iPhoneって音もちゃんと録れるのねぇ。








M




20130420

COMMUNICATION



4月に入り、面白そうなことが続々と決まってきた。
もうすぐ35歳になる私。
迷いの一年だった2012年から脱出して、
今年は歩くことを楽しむ一年にしたいと思っています。

35歳までに何をしたかで人生が決まる。
ビジネス書や啓蒙書などの表紙によくある言葉。
あまのじゃくな私は手にとることがないだろう、タイトルの本です。
濃密な20代を過ごしたし、自分の人生だもの。
好きに生きるわ。
でも支えてくれたたくさんの感謝はちゃんとお返しするつもりです。


不器用だけど、おばあちゃんになっても歩むことを止めない、
そんな老い方をしたいと思っています。


30代のほとんどを香川県で過ごしているけれど、
すてきな人にたくさんお会いし、色んな刺激をいただいています。
文化の違いに時々戸惑うこともあるけれど、
気がつくと、街を歩けば知ってる人とたびたびすれ違うほど。
ひょっとやってきたよそ者の私を受け入れてくれた場所。


香川という土地がつないだ方と
会話や文章だけじゃなく、音や色などの感覚的な部分をエクスチェンジしつつ
「作品」を通して様々なコミュニケーションがとれたらと思っています。



と、いうわけで、
「COMMUNICATION」と題し、
色んな視点でこれから作品を発表していきたいと思います。










-Communication-
作品はコミュニケーションのツールである。






 COET COCOEH×Watanabe Wasaburou -Setoumi -



坂本龍一さんのSAKAMOTO RADIO内でも「音の佇まいがすごくいい」と絶賛された渡邉和三郎さん。 もともとの出会いは香川に引っ越してすぐの頃に出演したイベントで「toritohito」というエレクトロニカデュオとして出演されていたことがきっかけ。現在はタブラ奏者井上氏とのユニット「Ajiro」として活動されています。渡邉さんの作る音は 塩加減が絶妙なスープみたいでとても巧みな音加減。私のようなあまのじゃく者にはなかなか生み出せない音でハッとします。別々の場所から派生した感覚が面白いところで交差するのでは?と 「一曲なにか一緒につくりませんか?」と声をかけ、音を通したコミュニケーションを作品にしました。 テーマは「瀬戸内海」プロローグにぴったり。 香川以外の土地から移り住んできたふたりという共通項は偶然が生んだ必然だったのかもしれません。 新月の赤灯台付近の瀬戸内海の音も一緒に。





CC



20130418

ファッションショーと音楽


久しぶりのmiu mauライブも無事に?終わって、
福岡遠征後、高松でちょっとした新生活を始めています。
神様から与えられた貴重な時間だと思って、
今まで出来なかった事を存分にやってやろうと目論む私。
色々と準備やらあれこれ進めています。


しかし、今回の福岡遠征は色々あったなー。
ライブ前日に不慮のことで愛用している鍵盤の一番低いドの音が粉砕するというトラブル。
猛烈にショック。
ライブはなんとか大丈夫だったけれど、鍵盤を叩くタッチが激しい私は、
演奏に熱を込めるたびぽきっと鍵盤が折れてしまうのではないかとハラハラ。
さあて、どうしよう。
このまま爆弾を抱えたまま使い続けるのか、廃盤機種なので中古を探すか、
この機会に新しい鍵盤を探すのか。もうちょっと悩みそうです。



次のミウマウライブは6月に福岡にて。
そして、ライブ活動を休止していたココエも
5月にファッションショーの音楽を担当することになりました。
これを機に、ライブ活動も少し再開していこうと思っています。



ALIGHT発のファッションブランドMalicebirjii Ikarosのファッションショーにて
音楽を担当します。ピアノ&シンセによる生演奏です。
イカロスのお洋服は女の子の憧れが全部詰まってる。
デザイナーのOkaさんが作る全て1点ものの夢みたいなお洋服ばかり。
無類の音楽好きなOkaさんの選曲もとても好きです。
今回はテーマに添って選んだ曲を私流に加えて色々MIXしつつ演奏します。
ファッションショー用にトラック作った事はあるけど、
生演奏ははじめてのことなので超絶に楽しみだけど、確実に緊張しそうです。
オペラとか、映画の伴奏みたいに、
ドキドキしながら演奏したいと思います。


お席は少数、限りがあるそうですので、
気になる方はお早めに。


ALIGHT
http://blog.livedoor.jp/inori2006/










CC




20130410

春は薫る







この数日たくさんのお花やお気遣いをいただき、感無量。
今日は少し寒いけれど、
家中春で満ちて、とても良い香りがしている。
お水を換える時間がたまらなく愛おしい。
こんな気持ちを味わう事ができて、
なんて幸せなんだろうと噛み締めてる。



明後日の金曜日は福岡でmiu mauのライブ。
メンバーに会うのは年明けのレコーディング以来だけど、いつも通りな気がしてる。
遠距離バンドになって4年経ったけど、モチベーションも高く安心感のある洋未ちゃんとみわこちゃんのおかげもあって新曲を作って発表して、時折のライブでも良いライブになるという不思議な確信がある。
欲を言うなら、ライブをするには拭えない「交通費」という壁がクリアになればいいのに。


未来に向かってまっすぐに生きたい!
ずっとそう思っている。
この春に私は静かに決意した。
面白そうなお話も多数いただき、
いいお知らせができると思います。


まずは、明後日の福岡UTEROにて、
久しぶりのtokyo pinsalocksや、福岡のみなさんに会えるのを楽しみにしてます◎








"Un-unbalance lesson"
4.12(Fry)
at Fukuoka Utero
Open pm6:00 / Start pm7:00
adv ¥2,000 (1drink order) / door ¥ 2500(1drink order)
Cast: miu mau
         tokyo pinsalocks
         lon+pari-ce
         strobolights
         pieuvre echotalk


▼Ticket information
http://www.girlfriendrecord.com/mailform.html 

mail





M
















20130402

手紙



先日、とても嬉しいお手紙をいただいた。
優しくて、とても丁寧で、心がぎゅっとなるお手紙だった。
メールやSNSを通して会話をすることはあるけれど、
手紙ってやっぱりいいなぁ。
私もお返事を書いたんだけど、なかなかうまく文字が書けないもどかしさったら。
ただでさえ下手な文字と、びっくりするくらい簡単な漢字さえも書けなくなっている事実にひどくがっかり。
悪戦苦闘とはこういうことを言うのね。
でも、心を込めて書きました。
その気持ちが伝わってるといいなぁ。
やっと桜が満開を迎えてる良き日にて。





以前のバンドの曲で、「文学が聞こえてくる」というタイトルの曲があるんだけど、
なかなかこない手紙を待っているという内容のもの。
ふと思い出した。






文学が聞こえてくる 
作詞/作曲   高島匡未



小さい部屋は静かで
ひとり本を読んでいる
少し青空の見える 昼下がりの4時
遅く起きた朝 モノクロが乱れ
手紙がもうすぐ来るとずっと待っている


小さい部屋は歪んで
ひとり本に泣いている
ただ時間ばかりが過ぎ もてあました4時
私を取り巻く孤独が 白黒で満ちて
手紙がもうすぐ来るとずっと待っている


思想に生きようとして
自由に生きようとして
吹き荒れる風に やり場のない不安
人と人の関わりに過去の姿を残し
とても大きな鏡で広がっていく


排泄した時代の躍動する事実
深遠のふちに立って
喜びを鳴らしたい


文学という日常の青ざめた陰影


小さい部屋に差し込む やわらかい太陽が
大きな時の中に 私を連れ出した
心地よい空気 希望が芽を出して
手紙がもうすぐ来るとずっと待っている




小さい部屋は静かで
ひとり本を読んでいる
少し青空の見える 昼下がりの4時
遅く起きた朝 モノクロが乱れ
手紙がもうすぐ来るとずっと待っている





M







20130321

2人の音楽家



昨日のこと。
香川では瀬戸内国際芸術祭2013の開幕、
1年に一度のライブサーキット「サヌキロックコロシアム」、
その他、商店街のお祭り的イベント多数!
となんだかとてもにぎやかな一日だった。
毎年サヌキロックコロシアムが開催される日は
いつもの5倍くらい若者が歩いているんだけど、
今年は個人的にもライブを見たい方ばかりのラインアップ。
残念ながら動けない時間帯だったので、ライブに行くのはあきらめていたんだけど、
思いがけない知らせが届き、2人の音楽家と金太郎姿のDJさんにお会いすることになる。




石田ショーキチさんがCDを持って会いに来てくださった!
実は、石田さんとお会いするのは昨日がはじめて。
2年ほど前、ネット上で何度かやり取りをしたことがあったのだけど、
以前のバンドの頃のアルバムを当時聴いて(10年くらい前)、
とても興味を持ってくださったそう。
バンド名ならまだしも私の名前も覚えてくださっていたなんて!
そのお話を伺った時はとても驚いた。
石田さんといえばSpiral Life。
高校生の頃のよく聴いていた曲を久しぶりに拝聴したら、
ギターソロが入る位置もフレーズまでもちゃんと覚えてた

SCUDELIA ELECTRO/MOTORWORKSを経て
現在はソロやプロディースなどの活動をされているのだけど、
って私の説明は不要だと思うけど、
石田さんがプロデュースしたスピッツのアルバム「ハヤブサ」が出た当時、
とても刺激的なくらい新しい感覚だったこと、
ハヤブサを聴いてスピッツが好きになった音楽好きが周りにとても多かったことなど
色んなことが重なって大変恐縮してしまった。


石田さん、お会いできて嬉しかったです。
ありがとうございました。
ド素人感ばりばりのメガネっ子の私。








そして、もう一人。
サヌキロックコロシアムのトリで出演してたa flood of circleのベースのHisayoちゃん。
ぎりぎりで間に合ったのでライブも見れた。
Hisayoちゃんはtokyo pinsalocksのコンポーザー、ベーシスト、
GEEEEのベーシスト、様々なミュージシャンのサポート多数!と、
めちゃくちゃ売れっ子ベーシスト。
前日は名古屋で翌日は東京、毎日どこかでライブしてる。いやー、ほんとうにすごいよ。
HisayoちゃんとはG+Nで対談させてもらったり、ココエトヒトレという名前でココエ×Hisayo×Reikoでライブをしたり、
とても聡明でちょっとおちゃめな人です。
そして無類のビール好きでもある笑。
フラッドのライブを見るのは2回目だったんだけど、
なんだかとてもストレート届いて、いいライブでした。
すぐに東京へ発ってしまうとのことでほんの数分だったけど会えた。


赤いリップがとっても似合ってるよー。
今度はtokyo pinsalocksのライブで来月福岡での共演よろしくね。
もはや、追っかけ女子のような私www









このあと金太郎姿のDJぷりぷりさんによるDJも堪能してきた。
割と明るい場所で座ってDJを聴くという状況は
お酒を飲まない私はいつも困ってしまうのだけど、
耳はしっかり音楽に集中してた。
選曲とDJプレイから感じるこの余裕感はなんだろう?と考えていたんだけど、
答えは「東京」
東京感をびしばし感じた。
田舎出身にはなかなかだせない余裕間。
「昼下がりの夜」というMIXCDも良かった。





いまは瀬戸内海の穏やかな風に吹かれてのんびりした街でのんびりしてるから、
じわじわきてる。
いろいろとがんばるぞー。













20130319

春の霞の中で



香川に引っ越してきたのは3月だった。
今年は春が早い。桜の開花も早いし、この数日とてもあたたかいけれど、
引っ越してきた日の前後はとても寒くて、
翌日に私は寝込んでしまったことを思い出した。
ちょうど4年かぁ。


先日こちらに来てはじめて丸亀城に行った。







天守閣までの道のりは想像していたよりも随分と大変で、
見返り坂という傾斜の急な坂道をのぼらないとたどり着けないところだった。
城作りの名人が作ったというのがよくわかる。






夫は学生時代に毎日のように丸亀城内をランニングしていたそうなのだけど、
天守閣に入ったのははじめてだったらしい。


高所が苦手な私にはちょっと怖い場所だったけれど、
瀬戸内海や讃岐富士という絶景が目の前に広がって、
お殿様はこの景色と共に政をしていたのか。なんて考えてみたり。








今にも雨が降り出しそうな夕方の空に生ぬるい空気。
霞のような景色がとても印象的だった。
新緑の時期はきっといいだろうな。








洗濯物はずっと室内で干してるけれど、なんだか4月みたいな気候だから、
もう4月の気分でそわそわしてる。
久しぶりにtokyo pinsalocksと一緒にライブをするのは4/12。
うわーん、めちゃくちゃ楽しみ♡
この日はみわこちゃんがtokyo pinsalocksのサポートドラムで参加するそう。
詳細はmiu mauのブログにて。
http://miumau.jugem.jp/?eid=244

新曲やりたいな。
みなさまに会えるのも楽しみだな。
ぜひ、ライブに遊びきてね。





ライブ活動お休み中のココエも
そろそろ再開しようかなと考えてます。
6月あたり、九州でやりたいなー◎





Masami