2015/11/19

15年


宮益坂から青山通り、表参道経由で久しぶりに原宿へ行ったのは先週の事。
表参道をゆっくり歩いたのは何年ぶりだろう。
原宿のとあるショップにどうしても行きたくて、少し遠回りをしてみたのだけど、
心ここに在らず。今の私にはなんだかぼんやりした景色に見えた。
表参道の景色は私の記憶とも知ってる景色とも随分違った。
世界中の人が歩く表参道はまるで外国を歩いているみたいだった。



改めまして、先日の東京でお会いできた皆様、
ありがとうございました。


新しくなった下北の駅に降りたのははじめてだったのだけど、
まったく迷う事なく440へ。私の知ってる記憶と下北の景色は同じだった。
伝えようと思っていた事の半分くらいしかMCで言えなかったけれど、
オープニングに呼んで頂いた事、本当に嬉しく思っています。
2曲程、tokyo pinsalocksのライブにmicro KORGで参加させて頂き、
三浦さんやYANAさんと同じステージでの演奏も緊張感を覚えながらも
久しぶりのバンドサウンドに震えました。
景色も音楽も時代も変わっても、
ちゃんと前に進んでる。
そんな2人がとても眩しかった。
Hisayoちゃん、Naokoちゃん。
15年おめでとう。




△△△



COET COCOEHの新作の取り扱い店はこちらです。
http://moderntempobooks.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html