2014/09/17

夏の余白

はっと、顔をあげると9月半ばになってました。
今年も浴衣を着る事もなく夏も終わり、もう半袖で寝るのはちょっと寒い。
そもそも浴衣持ってない。
この夏私は色々電源をオフにする時間を毎日作っていますが、時間の余白に欲張りになっちゃった。余白。余白。よはく。色々オフにしちゃうと出会い頭ばったりな嬉しい情報が入ってこない気がしていたけど、いま欲しい情報は結局自分で探してしまうようです。この余白時間に、これまであまり読んでこなかった近年の女流作家の作品を立て続けに何冊か読みましたが、女性の書く言葉は、女の内面の表現がとてもうまいなぁ。女は女を通して自分自身の美しさと醜さに気付いている(知っている)のだなと思います。

女ばかりのバンド、ミウマウですが、
お互いに絶妙な安堵感と互いを尊重する距離感があって、
いいバンドだなぁと思ってます。
最近はライブにもその感じがとても出てる気がする。
もう9月も半分過ぎたってまだ信じられないけれど、
どこかで皆様と会えるのを楽しみにしています。

かしこ