2014/04/29

赤い誕生日


以前から欲しいと思っていた画集。植物画家ピエール・ジョセフ・ルドゥーテによるバラ図鑑。この図鑑、初版はなんと3世紀以上前。ナポレオン皇后のジョゼフィーヌ・ド・ボアルネが描かせたもので、時を超えて何度も再版されているというリアルに凄い書物。細部にまで目の行き届いた線や色、絵にするならばおそらく不必要なものまでそのまま残してあり、艶めかしいバラの香りが想像だけで漂うほどとても生々しい。見れば見るほど、どんどん吸い込まれるような魅力がある。いわゆる一目惚れ。もちろんバラの図鑑なわけなので、バラだけが描かれているんだけど、名前は全てフランス名なので、バラなどと一言も書いていない品名にはまったく馴染みがないけれど、3世紀に渡り再版されつづけ、多くの女性たちを虜にしてきたであろう、この図鑑。私にとっては画集と同じで、欲しい欲しいと言っていたら、この画集で花をいただいた。






先日迎えた年女の誕生日は、FANTASYのフライヤーを色んなお店様に置いていただくべく、ご挨拶まわりと、旬の赤い野菜を食べるという一日だった。ビーツや人参や、イチゴをたっぷり食べるという真っ赤。ビーツって初めて調理したけど、あんなに赤くて、甘いなんて知らなかった。年々、誕生日は特別なことが必要じゃなくなってきたけれど、毎年誕生日を祝ってくれる家族や友人、メンバー、メールをくださるみなさまへ、たくさんの感謝を。


まとまらなかった私の頭の中も少しずつ少しずつ形が見えています。
今年は私のために、誰かのために、出来る事を増やしていきたいと思っています。
みなさま素敵なGWを。









福岡在住のこの方々、めちゃくちゃいい!!





CC