2013/08/17

こぼれるような、メモのような、




部屋の中まで桃色に染めてしまうような空の色、
鮮やかなブルーの壁の色、
スピーカーからこぼれるビート、
まるで私に問いかけてるかのような「止まれ」と書かれた道路標識、
穏やかな瀬戸内海のサイケデリックな波のゆらぎ、
銀行の呼び出し音のディレイ感、
珈琲豆の匂い、
猫の視線、
ネオンの闇、
細いピンヒールでさっそうと歩く美しい人、
歪んで見えるアスファルト、
歩道橋の曲線美、
ぼんやりと歩いていると、
抜き打ちテストのような間合いに時々はっとするほどの瞬間。
この一瞬が私と他者、日常や社会とのをつながり、接点になる。



映画に例えるならば画面がシュシュっと切り替わるような、
小説に例えるならば目次を見ているような、
そんな感じ。


誰かのために、何かをしたいと思う事、
私のために、私がやりたいと思う事、
この夏はとても暑くて、
ぼんやりした景色に見えている。
思いやる気持ちって一方的だと意味がない。








飽きっぽい私は、Twitterもfbも見たり見なかったりと波が激しい。
けれど、読みたいブログは熱心にチェックしてます。
夫に教えてもらったFeedlyとても便利!
夏休みもそろそろ終わり。
来週は忙しくなりそう。




こぼれるような、
メモのような、






CC