2013/04/25

ライブ耳



香川に住むようになって、
10代後半から培ってきたライブへの意識が大きく変化している。
まず、「ライブを見る」本数が極端に減った。
香川県にはライブハウスの数が少数であること、
イベントの開催本数そのものがこれまで住んだ土地よりも少ないという理由も
少しはあるけれど、そんなことではなく、
生活への意識が変わったというのは大きい。
だからといって音楽が絶えているわけではなく、
ライブにつぎ込んできたお金はCDやレコード、DLで「買う」という行為に代わっているだけの話。
今まで敬遠していたジャンルのものも好んで聞くようになったし、
新しい世界に踏み込んでいたりする。
そして、私自身がトラックメイクやミックスダウンを手がけ始めたということもあって、
「音楽的な音」を求めるようになった。
先日久しぶりに広い場所でみたライブで気付いたことがあった。
今までの私はいかに「ライブ用の耳」になっていたのかというのをしみじみと感じた。
ずいぶん偏っていたのだなと。
もちろん、今でもライブは好き。
普段ライブに行かない(行くきっかけがない)けれど音楽を愛する人が聞く耳と、
ライブが大好きで音楽を愛する人、
発信者とリスナーの両方の視点をフラットに持ち続けるミュージシャンでいたいなぁ。



miu mauの先日のUteroでのライブにてご一緒したlon+pari-ceのチェコ担当牧畜ちゃんが、
iPhone2台持ちで録ったライブ動画を編集してくださいました!
記録用に誰かに録画を頼もうかなぁ、
とぽろっと口にした言葉を拾って、撮影、編集までしてくれた牧畜ちゃん、
ありがとう!!!!!!!!
しかし、iPhoneって音もちゃんと録れるのねぇ。








M