2013/01/23

Dear Patii


人生のタイミングの問題で、
10年ぶりのパティ・スミス日本公演に行けない私。
先日DOMMUNEでみたトークライブ+スペシャルライブにて2曲歌ってくれた
パティの声に震えて泣いた。
気持ちだけは捧げて、Horses Tee weekです。



at PIPE



Dear Patti


あなたは私の憧れ。
大きな心と強い意志。
向き合うことのたくましさ。
女としての美しさ。
まっすぐに生きるあなたの目。
Patti Smith は私の憧れ。



例えば、少しずつ壊れているピアノがあったとします。
もしかしら真ん中のド#の鍵盤が外れているのかもしれない。
ペダルがうまく戻らないのかもしれない。
それでも壊れたピアノを愛でる人間でありたい。



情報や物、人に執着し、自己顕示欲に心は溺れ、過去ばかりを見て、
自尊心を自らの手で壊していく。
多くの人は少なからず何かに囚われていきているのでしょう。
心を許せない、ばっかみたいな自分自身の醜さにも吐き気がします。



自分や他人の小さな過ちを認めながら
人と、環境と向き合える、そんな社会に生きていたい。


音楽は私にとって胎内であり、唯一の武装。


心とアイデアを言葉に換えて行を重ね、音を奏でて
少しでもあなたと近い場所にいけるように、生きていこう。
そう思っています。



Thank you  Patti 




From   Masami