2012/09/03

浴室


とても疲れきっていた日曜日。
心も身体もパンパンに膨れていたので、
いらないものを絞り出すかの様に、夜に潜る。
浴室のあかりを消して、CASAのキャンドルをひとつだけ。
すずむしの夜と、風の音、水に触れる。
ド近眼の私がみる浴室は、いつもぼんやりしていて
キャンドルのあかりはタイルに影を作る。
夜に寄り添う言葉が欲しい。
こんな時に寄り添う夜はとても悲しく果てしなく深い。
なかなか口からこぼれることはないけれど、
頭の中は目まぐるしく感覚を探してる。
この感覚が音楽というものへ変化していく。


感覚はもっともっと遠くへ飛ばして。
その感覚を音楽にかえて。
ダンスミュージックじゃなくて、
心が揺れる曲を作りたい。



M