2012/05/15

カルロス・アギーレ日本公演後記


念願だったカルロス・アギーレの日本公演に行ってきた。
自然光が入る白壁の教会で
まさかアギーレのピアノが聴けるなんて!!!
2010年の来日公演を見逃したこともあって
ずっと前から楽しみにしていたので感無量でした。


アルゼンチン音楽の生きた伝説、巨匠と言われてるくらいだから
どんな強面の方なのかと若干緊張していたけれど、
一番印象的だったのは、口調がとても穏やかだったこと。
その話口調にドキドキした。
光のようなピアノだった。
聡明で息を呑む美しい時間だった。



今回はギターのキケ・シネシ氏とのダブルネームツアーだったんだけど、
す、すごかった。
あんなにすごいギターを生で聴いたの久しぶり。
ブラジルのサンバ、タンゴのリズムにアルゼンチンのリズムの構築。
二人のソロの時間がしばらくあったんだけど、このソロの時間がものすごく良かった。
次回はソロでたっぷり聴きたい。

今日はNHKで、数日前にはドミューンにも出演していたらしい。
知らなかったなー。












M