2003/11/12

秋は誘惑

先日ラジオ番組の中でこんな質問をされた。
「誘惑といえば季節はいつですか?」


誘惑の季節は秋である。
理由ですか?色々ある。
マフラーが好きだとか、街を翳る色彩だとか、なんだか人が恋しいだとか、細くなっていく空気だとか、空の青だとか。単純明快なものではないのだろうけれど、こんな些細な積み重ねの「秋」が私を誘惑するのである。
夏は眩しすぎて蒸発してしまうし、春は誘惑というより共存だし、冬は・・・・。
されたいのだろうか、したいのだろうか、しているのだろうか、していないのだろうか。


これだけはされてしまうという誘惑がある。
それは「コーヒー豆」の匂いである。
豆を挽くあの匂いには必ず誘惑されてしまうのだ。
コーヒーはお湯を注ぐ前のあの豆の匂いがたまらない。
秋はコーヒーがとにかくおいしいものだ。
夏の火照った体をコーヒーが癒してくれる。
冬が来る前に心を和らげてくれる。
アルコールがダメな私に唯一与えられた贅沢なのかもしれない。
今回のイメージツアーでも欠かせないものだったように思う。


秋は誘惑。
誘惑はコーヒー。