2009/01/04

星の下で

元旦の朝にはお屠蘇を皆で呑んで、新年の挨拶。背筋を伸ばして一年の計を思うのです。
生粋の熊本弁がなんだか懐かしいのもお正月の醍醐味というもの。
久しぶりに親戚一同とテーブルを共にして、よく食べてよく話す。
みんなそれぞれの形で歳を増していくのが嬉しく感じるのでした。

そんな年末年始大連休も昨日の新年会+カラオケで終わり。
クイーンの大合唱(超楽しい)で締めたあと星を眺めてみた。
お正月休みの影響で、街の音も色もいつもよりひっそりとしていて、西向きの我が家の窓からもたくさんの星が見える。
いつものうるさい車のクラクションや派手なライトも今日は忍び足。
電気を消してみると夜の色が辺りを染めて星の光が刺してくる。
北の空ではなんとか流星群が見れたみたいだけど、残念ながら我が家からは見えないのね。

あー
星を見たらなんだかすっきりした。