2011/02/23

波ゆさぶって

肌に触れる心地よい風、覆いかぶさった厚い銀の雲、
時間はもう6時。
湖のほとりに座り込む。
とても穏やかで比較的躍動のない波が、ヒカリの粒子に溶け合っている様をずっと眺めていると、
少しせっかちな趣きで、目に見えない奥の部分が開放する。
是れ、波、トランス的瞬間である。
私は刹那主義ではないが、時として心が束縛される瞬間がある。そして色んなことを考える。
その考えは展開し、きりんの進化について、はたまた人が服を着る理由についてまでも・・・
大昔の人はなぜ洋服を着ようと思ったのだろう。
なぜ私はうたを歌いたいのだろう。と考えた高校時代を思い出す。
ちょっと青っぽい話題になってしまったが、トランス的瞬間は私の中の深いところで生まれるのだ。
気付こうとしていないだけで、その辺に転がっている瞬間。私はトランス的瞬間にはみ出した。

執拗な湿気のためくしゃみのとまらないこの季節。
体が何かに反応するように、私が「これかわいい」と衝動買いするように、
「起こるもの」は果てしなく近くて遠い。流動していてつかみどころの無いもの。なんだか憧れる。
でも、理由なんてわかりません。
わからなくていいんです。


------------------------------------------------------------------

(散文)より 2001年




私が22歳の頃にWEBで公開していたもの。
当時読んだことがある人もいるかもしれないけれど、
私自身の記録のためにも時々ここに記しておこうと思います。