2011/02/17

思考/感情

本気で考えたことがある。
思考は感情に勝つのか。
感情は思考に勝つのか。

どちらかが勝つとか負けるとかについての答えを本能というものに身を任せて思いを巡らせていると、本来、思考と感情は自分の状態が今どちらかに傾いているかを知るということなのではないか、といった答えになった。友人などにもそれについて問題を問いかけてみたが、思考も感情も本能だと言っていた。

私が論する、勝つ、負けるは、
例えば
「うがいをしなきゃ」
「でも眠いから明日にしよう」
「でもライブが近いし」
「やっぱりちゃんとうがいをしよう」
このようなときに適用されるのだ。
この場合ライブが近いから喉を大事にするという思考は眠いという感情に勝ったのである。

思考、感情は生活の中で活きているもので、私の内側にあるちょっとした哲学のような概念など、空が美しいと思う、また何かを嫌いだと思う気持ちなどは、常に醗酵している泡のようなものであって、突然どれかが突起して表れる。まとまりのない情報のような、蛇口から吹き出る水のような。
思考と感情について難しく考える。



------------------------------------------------------------------

(散文)より 2000年




私が22歳の頃にWEBで公開していたもの。
当時読んだことがある人もいるかもしれないけれど、
私自身の記録のためにも時々ここに記しておこうと思います。